新着情報

2019年6月3日 7/1より『ハモ会席』はじめます

「東のアナゴ、西のハモ」といわれ、特に関西で人気の高い魚です。
.
京都でハモを食べる文化が発達したのは、生命力の強い魚で
.
大阪湾や明石海峡で採れたハモを内陸の京都まで生きたまま輸送できたからであると言われております。
.
そのため盛んに食べられるようになり、独自の調理法が発達いたしました。
.
京都・祇園祭ではハモ料理を食べる習慣があり、
「祭鱧」と呼ばれ、祇園祭りは「鱧祭」とも呼ばれております。
.
雅しゅとうとうでは夏の味覚 鱧つくしの会席をご用意させていただきました。
.

この機会にご賞味ください。
.
●前菜
●御造里
●焼物
●はも鍋 野菜色々
●食事(ぞうすい)
.
.
一五,〇〇〇円(税別)/お一人さま

<お問合せ>
06-6348-0141